バサモルタルとモルタルの違い「土間タイル、モルタル下地の失敗例」

この記事は、令和2年10月23日(金)に編集更新をしています。

こんにちは、ryoichiです。
いきなりはじめますが、土間タイル下地につかうモルタルを「バサモルタル」といいます。モルタルとの違いはセメントと水の量を変えて調合をします。

この記事では、なぜバサモルタルをつかわなければならないのか?
そして、どうして土間タイル下地にモルタルを使ってはいけないのかを
どの記事よりも熱くわかりやすく説明しています。

バサモルタルとモルタルの違い「土間タイル、モルタル下地の失敗例」土間タイル下地はなぜモルタルでつくってはいけないのか?

まずは、土間タイル下地バサモルタル前にセメントペーストをつくるのですが
私がつくっている動画を2分程度のせていますのでみてください。

 

結論を先にいえば、モルタルでタイル下地をつくるとクラックがはいる。
そして、その上にタイルを施工するとクラックはタイルの裏面から伝わり
表面にもあらわれおなじひび割れがしょうじます。

 

例えば
バサモルタルをクッションと考えるのなら
イメージとしてチョコフレークのブロックタイプになる。
(なかに空洞があるためクラックがおさえる効果がありますしセメント量を抑えられますのでクラックが入りにくい)

土間タイル下地モルタルでの失敗、バサモルタル下地が必要。しかし、コンクリート荒打ちたたきが割れているところにバサモルタルを施工するとこうなる。

くり返しになりますが、土間タイル下地はコンクリートを荒く打った上に施工しますよね、そのコンクリートにクラックがはいっている場合バサモルタルを施工して土間タイルを貼るといずれこういう状態になることが多いです。

このようにタイル表面が割れてしまった場合タイルをはがしても同じ状態のクラック、ということはコンクリートたたきからのひび割れで伝わってくるということになりますので砕石のしめつけもしくはコンクリートの厚みがない場合ひび割れの原因になると考えますが建築物もいきものですからどの工程が悪いともいいかねますよね、私の施工もわるい場合もありますので(特にリフォーム現場で多発しますの下処理も必要です)

バサモルタルとモルタルの違い「土間タイル、モルタル下地の失敗例」(まとめ)

・バサバサしたモルタルを「バサモルタルありますので
モルタルとの違いはセメントと水の量。

・モルタルで下地をつくるとクラックがはいる。
そして、その上にタイルを施工するとクラックはタイルの裏面から伝わり
表面にもあらわれおなじひび割れがしょうじる。

ps

このつぎは、バサモルタルをミキサーでつくる動画を制作いたします。

 

関連記事、左官・タイル施工に重要なことをまとめています。時間がある場合は読んでみてください。

バサモルタルの土間タイル下地施工手順と注意事項

タイル下地立ち上がり面を簡単に施工する手順

一般 住宅施工 材料支給で失敗例!「左官タイル編」

左官 補修材基礎仕上げで失敗につながる施工はこんな場所だった。

タイル目地詰め方「誰も知らないセメント調合」

左官 補修材基礎仕上げで失敗につながる施工はこんな場所だった。

バサモルタル亀裂の原因に迫ります

タイル 単価がわからない。仕事依頼で気を付けること2つ!

タイル張り 接着剤 バサモル。土間タイルモルタルの作り方

モルタル 金こて仕上げ「ひび割れが入らない施工手順方法!」

タイル 600角貼り方「ここで差がつく下地材料作り方と道具」

「風除室サッシ下モルタル詰め作業」タイル下地ならコレが早かった

バサモルタルでタイル立ち上がり面の施工方法コツ

土間タイル下地モルタル 貧調合にしなければならない本当の理由

駐車場コンクリート表面が汚い!!解決方法を説明しています

バサモルタル 調合は天候で左右する。施工後の失敗はこれだ!

 

 

 

 

コメント

  1. 正木茂里彦 より:

    はじめまして。
    とてもためになるブログありがとうございます。
    一般人で疑問に思ったのですが、駐車場などでタイル仕上げで作る場合は、バサモルで強度は大丈夫なのでしょうか?
    霜柱のようなイメージがあるので、ぐしゃっと崩れないのか不思議です。

  2. ryoichi ryoichi より:

    はじめまして、正木茂里彦さん
    小野です。

    結論から、私でしたらバサモルタルで施工します。

    駐車場なら車がはいりますし不安に思ってしまうところですよね
    例えばコンクリートやモルタルで下地を施工すると
    亀裂、ひび割れが多く出てきてタイル表面も割れます。

    「霜柱のようなイメージ、ぐしゃっと崩れないか不安」とありますが
    バサモルタルの強度というのは正直強くかたいです。
    そして施工職人はバサモルタルを〆るために圧力をかけて下地をつくりますので
    強度の心配ないです。

    ですので亀裂がタイル表面に出てくるのを避けたい場合は
    バサモルタル施工がベストです。

    正木茂里彦さん
    コメントありがとうございました!

    小野

  3. 正木茂里彦 より:

    ご返信ありがとうございます。
    砂を締め固めるので強いんですね。
    インターロッキングの下地の砂プラスモルタルが入ったようなイメージですかね。
    もう一つお聞きしたいのですが、本文中でバサモルにはセメントを入れすぎないようにとおっしゃっていましたが、入れすぎるとどのような弊害があるのでしょうか?

  4. ryoichi ryoichi より:

    こんにちは正木茂里彦さん
    小野です

    私がタイル会社さんで仕事をしていた時に
    教えていただいたのが記事に書いていた通り
    入れすぎないようにでした!

    で、質問のようにセメントを入れすぎる弊害とありましたが
    入れすぎたとしても弊害にあたるようなことは今までなかっと思います。

    例えば、セメント入れすぎたバサモルタルを作ったとすると
    硬化時間が早くなり直ぐにタイル施工をする場合は
    良いと個人的に思います。

    ps
    モルタル、バサモルタルに関してですが
    作り方を教えていただいた会社さん職人さんで
    多少変わりはあります。

    正木茂里彦さん
    コメントありがとうございました!

    小野

タイトルとURLをコピーしました