土間タイル下地モルタル 貧調合にしなければならない本当の理由

スポンサーリンク
左官な日常の話

バサモルタルで土間タイル下地を施工する場合、調合に悩むことがありませんか?結論とすれば1つの根拠をせつめいしています。

バサモルタルのセメントを減らすにはこのような理由がある

もし、あなたがモルタルで土間タイル下地をつくってしまいタイルを貼ってしまうと失敗となる。

なぜなら、モルタルでタイル下地を施工したばあい仕上げ表面にはクラックがはいり、いずれタイルの裏面をつたってタイル表面にも亀裂が生じるからです。

だから、バサモルタルで下地をつくらなければいけないというのが根拠になります。

セメント配合バサモルタルつくりかた

・モルタルミキサーに川砂を角スコップで7杯いれます
・セメントはおたまで5杯
・みずはひしゃくで3杯

画像のように握りしめてこぼれなければ施工できます。

バサモルタルに水を入れすぎてそのまま施工した場合どうする?

このカテゴリーの他の記事にもかきました。

バサモルタルをつくりの失敗は施工しているときにはっきりとわかります
それは、一部分がモルタル状態になることです。

このとき、そのまま施工するのではなくその1部分を取りのぞき材料を作り直したい。いずれそままだと最初にかいたことにつながりますので注意がひつようです。

バサモルタル施工ペーストのつくりかた説明

・コンクリートたたき部分を清掃
・水洗い
・接着剤をうすめた状態にしてぬります

それからペーストをつくりますが
・セメント、水、メトローズを攪拌した材料をつくっていきます。
これはセメントと水でもできるのですが、日差しがつよく照り付ける場所ではメトローズを1/3程度いれてください。

ただし、大きな範囲にぬりつけるのではなく先ほど話しましたスコップで7杯ということはバケツで数えれば三倍程度にしかなりませんので広げずせこうしてみてください。

hiメトローズ 左官用モルタル混和剤 (45g×50袋入)

 

関連記事
バサモルタル調合は天候で左右する。施工後の失敗はこれだ!

 

 

コメント