土間 コンクリート 失敗!「解体・打ち直し」イヤこんな手段もある

スポンサーリンク
左官な日常の話

こんにちは、ryoichiです。
3日前、コンクリート工事について相談をうけていましたので記事にしたいと思います。このお宅は私が玄関タイルと基礎仕上げをしていて完了後に土間施工をした話とさせていただきます。

土間 コンクリート 失敗!「解体・打ち直し」イヤこんな手段もある。仕上がり失敗例

営業さんから連絡をもらい、久しぶりにお客様に会いに行きました。

で、問題となっているコンクリート面がこちら!
こちらの画像は玄関先から道路にむかっての一枚となります。
(画像はお客様の許可をいただいております)

画像奥のコンクリートしあげが一部白っぽくみえるとおもいます。
これは天候が良い日に一気にしあげて表面の硬化が早まりコテしあげができなく補修材をぬりつけたと説明されました。

今度は道路側から自宅玄関先にカメラをむけた画像
画像中央だけではなく左奥まで補修しているのがわかります。

ガーレージ前 コンクリート 補修面

つぎの画像は、カメラを右に振りガレージ前になります。
梅雨時期で雨が降り続いている日に撮影しましたが、お客様によれば天候が良い日でもクッキリと白く補修をした場所だけが浮き上がってみえる。
と話されていました。

このような土間コンクリートしあげ失敗で悩んでいる、結論が出ない。
もしくはコンクリートを解体してもう一度施工をするという選択もありますが
平米数が平米数だけにやり直しとなれば負担も大きくなります。

で、私が仕事いただいている建築会社さんの営業さんがこんな相談を1つしてきました。

 

ryoichiさんが、この土間コンクリートの仕上げをしたとして
今の状態になったらコンクリートを壊してまたやり直しをしますか?

答えはNOです。

しかし、「お客様がまたコンクリート打ち直ししてください!」
と言われればしっかりと仕上げますが、このような場合でもお話し次第で次のような施工方法もあるのです。

 

時代はネクスト
私ならこうします!

 

土間 コンクリート 表面仕上げ,色上げ例

取引をさせてもらっています、(株)エイブルさんのカタログからの紹介です

施工前

施工後

カラーバリエーション

と、土間コンクリートの気になる色むらを一気に解消できる材料がある!
まずはこれを知っていただければとうれしいです。

 

そしてです
今回のように、コンクリートしあがり失敗となったわけですが
「どこの左官業者が施工をしたの?」とか良くも悪くも耳にします。

しかし、終わってからそんなこと言っても何も変わることはなく
コンクリートが綺麗になるわけでもない。

私は、その施工業者さんを知ってはいますが攻めたりもしません。
でもお客様の口調は攻めましたけど・・・どなた様にも限らず、このような材料があってまた戻るではなく「じゃ、次はどうしていくか!」と話を進めた方がお互いの成長があるのではないのかと考えさせられる案件でありました。

土間 コンクリート 失敗!「解体・打ち直し」イヤこんな手段もある(まとめ)

生きていると失敗の方が多くて、私たちの仕事のように一瞬で良くも悪くもなることがあります。

・職人の人数が足りない
・急激に天候が良くなり全面の施工に手が回らかった
など、深堀すれば悪いはなしのオンパレードにもなります。

ですが、人を攻めても何一つかわりません!
冷静になって話を進め良い方向にはなしが向かってくれればと願います。

心は熱く、頭は冷静に・・・

 

ps

この仕事で、私はタイル工事と基礎立ち上がり面のフューチャーコートをしていました。で・・・・コンクリート打設をする前にタイルと基礎面にビニール養生をしてから施工をするのが常識なのですが、常識はくつがえりそのままコンクリートを打ちをされ飛び散りがすごかったです。

また、コンクリート打ち直し後お邪魔して私の工事もやり直し確定になりましたw

そうです!
心は熱く頭は冷静にです。

2回もいいました、これができたらあなたも「お・と・な」

 

それでは!

 

タイトルとURLをコピーしました