「 不動産 」一覧

リフォーム2018年住宅まるごと直します!

*この記事は、2018年1月11日に更新しています。

こんにちは。onoryoichiです。


人気ブログランキング

リホームを考えると予算がたりなくなったしませんか?
(私はそうでした)で、やっぱりここまでと判断しないと結構きつかったなと。

・この部分だけはきれいな部屋にしたい
・キッチンだけあたらしくしたい
・リビングをおしゃれなインテリアに

と明確にしてからのリフォームが理想です。
追加工事はさけたいので注意しましょう。
リビングのインテリアはおしゃれに

 

リフォームしたい。予算見積もり無料に相談!

見積もりが決まってから工事がはじまると必ず欲が出てきます。
これは新築一戸建てでもそうですが、つきものなんです。
でも、「もうすこしここを!」といえば予算オーバーになり追加工事になりますし
一度決めたら変更はしないほうがいいです。

 

そして、おしゃれにしたい場合は「部屋の内装はじぶんでDIYしてみるのも予算がかかりません」建築屋さんにボード張りまでおねがいしてみるのもいいです。
いまでは、家族で内装を自由にアレンジが流行っていますし、リビングにおしゃれ照明をとりいれてお店みたいにしたいものです。リビングのリフォームは家族の意見が大事です

 

ロフトをつくりたい。スペースを有効に使う

 

ここが今より良くならないと生活はたのしくならないです。こどもたちが成長しても家族と一緒にいる時間をつくるのなら意見をきいてみるのがいいですし、たとえば、いつも座ってゆっくりできる場所をひとりひとり確保することができればスムーズにはなしは進みますね。
ロフトがある家が人気。秘密基地部屋をつくろう!

いまはロフトがあるリビングが人気です。とにかく目の届く範囲に家族がいますので声がかけやすいでし、子供部屋を孤立させるよりはオープンスペースにロフトがあれば快適です。
2階に子供部屋がある場合は、何かと声がかけずらくなりますしね!
旦那さんの書斎でも秘密基地風にロフトをアレンジすれば部屋にこもることもなくなりますし、男性はせまい部屋でも自分の居場所があればうれしいものですから。

 

私は6畳の畳部屋が秘密基地なのですが、ひとりだったら4畳半で十分ですし、それがロフトなら開放感もあるので最高かと。なにかにつけて手が届くくらいの距離にものがあれば男って暮らしていけますからねw
ロフトであれば、やっぱり木製がいいです。
リフォームを下地だけでお願いしてみる

石膏ボードをはった時点で終了(クロスを貼らない)もしくは圧縮した合板を貼り付けたら工事完了にすればお金もかかりません。

 

リフォーム補助金を使いたい。2017年リフォーム事情(まとめ)

最小限におさえて、仕上げの塗料や左官材料を塗ってみるのもたのしみがありますのでおすすめです。
キッチンまわりはモザイクタイルなどでおしゃれ感を演出できますしね。
いまでは、裏面がシールタイプになっていますので簡単です。

リフォームをするなら助成金を上手につかいたいです。
そして、「必ずここまで」ときめてたのしんでみてください

リショップナビ


人気ブログランキング
onoryoichiでした!