「個人 事業 気を付けること」確認を怠ると絶望そして地獄しかない

スポンサーリンク
左官な日常の話

こんにちは、ryoichiです。

9月8日(火)、am5時38分そっとパソコンをひらき何を書いてみようかとしています。そうそう、仕事をして失敗にならないような話がいいのかな?と思うのですが、私、12年前請け負った仕事でこんなことを体験しましていてあの時は絶望しかなかった件について残します。

「個人 事業 気を付けること」確認を怠ると絶望そして地獄しかない  [事業主 絶望 地獄] 闇を切り裂きつづけた12年間の戦いにピリオド

結論をさきに話せば

 

「建築の仕事を請け負ってお金もらえなかった!」

という話なのです。

てかね、私がバカだったんでしょうね~と大結論にするしかないw
で、ででででで!なんぼ引っかかった@@?ここに書けばいいですか。

ほんじゃ教えましょう↓

200万オーバー!

まずね、たかが200万かよ~~と思われますが私個人では地獄。それからというもの3回くらい地獄をみましたよ
だって、だだだだってさ!材料代払えないでしょ!おままんま普通に食えないでしょ!雑草たべるでしょ~~~(まずい)つぎの仕事にむかっていける勇気なくいなるでしょう・・・

 

12年前、わたしは36歳でもうこんな仕事やめるしかない。
そして漁船に乗っけてもらおうとしたけど重度の船酔いをするため2000%断念して旅にでることにしたのです。(釣りは好きですが船はダメなのよ)

 

で、何かを変えるため向かったか先は花の都大東京・・・うすっぺらのマジソンバックをもって南・南にむかっていました。

だけど、いくら大東京にいってお金を残そうと思ってもそうそうお金が貯まる訳もなく仕事をしながら次のことを考えるようになっていました。

 

 

やっぱり俺、この仕事辞めるわけにはいかね~!!

 

どうにかしてお金をつくってと考えれば本業以外のしごとも見つけなければならかったですし、睡眠時間をけずっての戦いが8年ほどつづきましたね。

本当に少しづつでしたけど夜も出歩くことを避けて気が付けば48歳となっています。そして今月、やっとのことで最後となる借金を返済することにいたりました。

 

この十二年間、親父がガンになりその仕事と自分の仕事を休みなく続け、息子のサプライズ結婚式にも出席できずの日々でしたけど、あの日、あの時、自分の仕事をあきらめて廃業にしないで続けてこれたから今があると考えれるようになりました。

この先は夢の続き、個人からステップアップして自分を磨いていければと思っております。

「個人 事業 気を付けること」確認を怠ると絶望そして地獄しかない(最後に)

工事代金未払いからはじまった闇の12年間の話でした

正直いいますと、建築業とは別にさまざまな業種で個人対個人での仕事のやりとりがあると思います、ここ一番気を付けなければなりません。

私、12年前から個人業者さんとのお付き合いは辞めましたし新規で建築の仕事依頼されたときの確認していることは仕事内容ではないということです。

もし、あなたがこの記事をよんでいてくれるなら支払い方法を一番最初に確認です、「早く仕上げてもらいたい仕事なのに支払い日が数か月後ではまったく意味がない」これ覚えておいて損はないです。

 

事業 失敗 絶望 地獄にならない為に、「そんなこと言えない!」ではなく話をして確認することだ。

 

am,6:35分 それでは

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました