記事 リライトした後どうする?結論としてこの3つを実行だ!

スポンサーリンク
ブログ活動の話

ブログ活動をしているryoichiです。
ブログ記事が多くなってきて記事のリライトを考えたときにどういう方法を使って蘇らせればいいのかを説明。私はいままで2つまで実行していましたが最後のもう1つがかなり重要でした。

記事 リライトした後どうする?結論としてこの3つを実行だ!まず1つ目は記事編集した日付をわかりやすくハッキリと残す。

結論としては記事冒頭に
この記事は令和元年〇月〇〇日(〇曜日)に編集更新をしていますと伝えます。このことによってあなたの記事が検索1ページ目に載っていたとすると日付があたらしい記事をよみたいと思う訪問者さんが多いので使わないてはないということです。

記事 編集はh2,h3,をつかって記事を増やしていく。2つ目は人気記事の場合はボリュームをだ。

記事のリメークは一度読み返してたりない部分をh2,h3,をつかって増やしていきます。で、私もh2,h3,h4,の見出しを多く使っていましたがこれからはh2,だけにしぼって編集更新をしてみることにしています。

深堀をして記事をかいていたのですが、見方によってはh2,だけのほうがわかりやすいことの方が多かったです。

まずは、記事を編集するときは必ずボリュームをだしていきます。

 

記事 編集後はブログ冒頭トップに編集記事を移動させろ!
3つ目は記事をよみがえらせることだ。

私がいままで記事編集をしてやっていなかったことはこれです。

ワードプレスの場合、画像のように公開状態場所の編集ボタンをおして
この投稿を先頭に固定表示の欄に✅チェックをいれることです。

このことにより眠っていた記事がよみがえりブログの更新速度が定期的でしたら露出度は倍増していきます。そして何よりこれをくりかえし更新していくことで新しい記事が増やせない場合でも新記事をこうしんしたことになりますのでやらないてはないということです。

それと、関連記事として
ブログ最初のh2見出し書き方、あなた損をしていませんか?
カンマ 区切り正解!!もしかて「、」使ってないですよね?
メタキーワード欄の書き方を画像付きで説明!これだけで良いんだ。

の使い方をわかりやすく説明していますので時間があるときによんでみてください。

記事 リライトした後どうする?結論としてこの3つを実行だ!(まとめ)

古い記事をよんでみると笑えるときが多くあります。
これ、やっぱり記事を書き続けていると少しですが今現状成長しているんだなと感じる時があります。

ただ、リライト・リメークは記事内部だけを増やして編集!タイトルと見出しは編集しないことでした。