フェアリーステースク傾向、2020年度JRA2戦目!

まったり自宅競馬

フェアリーステークスの傾向は1番人気の信頼度がひくい
逆に3番人気馬の成績がいいです。結論からいえば波乱があるレースといえます。

それでは、もうすこし詳しくみていきますが私も馬券を購入しています
当然ですが1番人気馬は抜きました。

フェアリーステークス前のここをチェック!

そのまえに・・・・
これ!

1番人気を抜いた2番人気馬からの三連複一頭軸ながし
傾向もなにもあったもんじゃないですし信ぴょう性がないですね。

はずれです!

何だか昨日のシンザン記念出世レース、2020年運勢を馬券にたくしました!
から二日連続の連敗になってしまいましたが次の重賞でなんとか。

さて、ここからフェアリーステークスの傾向のつづきになりますが、

・前走、赤松賞組が(20110)
・前走、阪神JF組が(20111)

さらに前走の距離をみてみると1600メートルを走った組が(95672)という成績になっています。

そして枠順でいえば4枠と2枠が好成績で逆に外枠はすこし出遅れているかんじにみえます。とりあえず参考まで!

つぎに、あなたは馬券を購入するときってどんな買い方をしますか?
というはなし、わたしはこんなことしていますよ。

九星をすこし取り入れて馬券を購入しています。

九星競馬、3年もまえからやっていて結構的中しています。
気になった方はこちらのサイトで確認してみてください!阿藤快の競馬本、11年後に3万円の値踏みというタイトルで九星の計算方法がのっています。

で、今日のフェアリーステークスをあてはめてみますと、「七赤赤口」となれば1-4-7が該当しますし赤枠もきになるところです。

レースの結果は「1-8-5」の順番での着順でしたよね

・1番スマイルカナは一枠一番なまえで3つ
・8番チェーンオラブは四枠八番なまえで3つ
七赤赤口の1.4.7がはいっていて最後5番のポレンティアは赤枠でした。

あっ、やばい・・・・
みじかいブログ記事で有名なのに長くなってしましそうです
きょうはここでやめときますね!

 

フェアリーステースク傾向、2020年度JRA2戦目(まとめ)

競馬にはまとめなんて必要ないのです

でもフェアリーステークスの傾向は1番人気の信頼度がひくい!!
逆に3番人気馬の成績がいいです。結論からいえば波乱があるレースといえます。

・前走、赤松賞組が(20110)
・前走、阪神JF組が(20111)

さらに前走の距離をみてみると1600メートルを走った組が(95672)という成績になっています。

そして枠順でいえば4枠と2枠が好成績で逆に外枠はすこし出遅れているかんじにみえます。

ps
きょうのトップ画像、なんだか悔しくて絵をかいてみました!

シャインガーネットさん、マーフィーさんもがんばったよ!!
頑張った割にへたくそな絵でもうしわけなかったです。

pps

2020年2戦2敗、-1900円。

それでは。

 

 

コメント