経営者 は仕事ばかりのことをブログに書きすぎる点

スポンサーリンク
ブログ運営の話

この記事は令和元年2月26日(水)に編集更新をしています。

仕事がほしいからホームページには商品紹介のことしか書けない経営者が多いです。でも問題はそこではないんです。1つ思考をかえて売り上げをアップさせる方法を短く説明しています。

経営者は仕事ばかりのことをブログに書きすぎる点、ホームページがあるのなら仕事のことを書く必要はない。

しっかりとしたトップページがあるのならこれ以上紹介する必要はない
毎日毎日、私の会社はココが良い!といっても空回りサイトにしかならない。
なので、自分のこと書きのこすと親近感もでてきます。

例えば
自分の知りあり経営者のホームページをみてください。
多分、あなたと同じようなことを書いているなと思ったことはないでしょうか?やっぱり自社の商品をうるためだけに書いているブログって多いです。

で、どんなページでも経営者のブログ記事ってこうでなければならないというのが1つあるんです。それは経営マーケティングを覚えてそこから発信をするといことでホームページが生きてきます。

それでは、どのように記事を書いていけばいいのか次で説明します。

経営マーケティングとはシュガーマンマーケティングから覚える

メンタリストDZIGOさんが推薦している本があります。
「お客様がモノを買ってしまう心理的なこと」が多く書かれている文章の書き方を学べます。これ、画像にもかいていますがあなたが何かを売る仕事しているのなら10倍の値段で買っても損をしない本と書かれています。

今、仕事のことではプロでいるあなたいますがモノを売ることになって文字を並べていても売れないと感じるのなら持って損はないです。

記事を書き続けることは経営者にとっては未来を変えていくこと
何もスキルがない文章をならべるより一冊の本で自社ページのアクセスが倍増になっていくことを考えれば手元に置いておくことは何も不思議ではないです。

この本の中で、何回も出てくる言葉あります。
ブログを何記事書いてもアクセスが少ないと感じている場合にかぎりですが
30の法則に書き直してみてください。どんな商品にも合いますので参考までです。


シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

経営者は仕事ばかりのことをブログに書きすぎる点(まとめ)

経営マーケティンってお金を払ってまで覚えることはないでないとおもいます。ただ書き方で伝わることが多いです。

自社ホームページのなかにあるブログを編集更新しながら書き直していくと
グーグルさんからのサイト評価も上がりますのでためしてみてください。

それでは!