「ブログカテゴリ」あなたは解かりやすく作っていますか?

AD

ブログを続けていると書いても書いても検索されない・・・という記事があります。
例えば、私のブログでは「ブログ」というカテゴリーがあるのですが、タグをつければ良いという問題でもなさそうなんです!

なので私、これからはブログのカテゴリをダイレクトにさがしてもらえるようにセッティングしようと思います。

なぜブログカテゴリをコンパクトにしていたのか?

これは、ブログ運営者側がわかれば良いという感覚でしかないです。
読者さんのさがしたい「ブログの○○○」ってブログのリンクを押してから探しますので、そこからも時間がかかると思うのです。

なので、階層分けにしてみたりそのままダイレクトリンクを作っておけばあなたの記事を読んでもらえる可能性が多くなると考えます。記事数が多くなればなるほど探す方は面倒になります。

多くなって困ったら、記事中に内部リンクの関連記事をおいてみることも大切です。

カテゴリ分けはどのくらい必要なのか?

ブログにつくるカテゴリは、一体いくら作れば良いのかと悩むことがあるとおもいます。
「でも、そんなに書くことがない・・・」と最初から悩まず自分の得意なことをブログカテゴリとして作っていきます。

私の「ブロ活しています。」では

・ブログ
・ネットでのお仕事
・アマゾンアソシエイト
・使って良かったソフト
・おすすめ書籍
・わたしの日常
・左官タイル施工方法
・インターロッキング
・お役立ち生活情報
・一人暮らし
・シェア畑
・災害
・確定申告
・無印良品
・週末競馬
・ナンバーズ
・ごはんのお友達レビュー
・未分類

いまはこれだけのブログカテゴリを持っています、数えると18こと多いんですがこれもまた毎日ブログを書けるだけのわけ方をしています。例えば毎日ブログを書きたいと思っているのなら最低でも7つのカテゴリーがあると問題なく書いていけますしね。

それぞれですが、困ることがないということです。

週末のブログ更新とカテゴリーの作りかた

わたしもかれこれ、タイトルを変えながらながら3年目のブログになりますが週末に更新されるブログってないような気がしています。

週末ってブログ訪問者さんが少ないので、それにあわせて更新をしない運営者さんもいるのは間違いないのですが私は、週末だからたのしめるカテゴリーをつくって更新しようと考えています。

例えば、週末に人が集まるところの競馬の話を「週末競馬カテゴリー」にして買ってみた馬券のレビューとレースの予想をただ勝手にブログの一部として更新をしています。

もし、この競馬カテゴリーが一年間つづけることが出来るとブログ記事を追記として更新をしていけますので、かなり便利に使えるようになります。

ブログは、追記記事を更新すると大きくなっていきますし(グーグルからの反応も良いです)過去を振り返ることもできますので自分のブログ内に結果や気になることを書いておくとスポーツ新聞より解かりやすくなります。

「ブログカテゴリ」あなたは解かりやすく作っていますか?(まとめ)

ブログのカテゴリは多いほうが訪問者さんがダイレクトに見つけることができます。
毎日ブログを書きたいときは最低でも7つあるとストレスなく記事をのこせますし、趣味娯楽カテゴリーは年間休みなく続けていけることを選ぶと長続きしそうです。

ps

競馬カテゴリーでなくても、好きなスポーツ、キャンプなどでも良いと思います。


ニュースランキング

スポンサーリンク

「ブロ活しています。」このブログはロリポップレンタルサーバーで運営しています。これから自分のメディアを持つには安さで選んでも間違いないです。私は3年目に入りました。


フォローする