反応が取れる記事の書き方「主張」これで違いが出てきましたよ

AD

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

40歳からの人生設計アフィリエイト講座、メルマガ版!

あああ、読んでて良かったと思う日がきっとくるよ^^
スローライフはこうして作っていけ~~~

2019年1月17日発行 113発目発車~~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||||||||||||||||||||||||

反応が薄い記事の書き方って、自分が書いていてもおもしろくないです

そして、モチベーションが上がらないことってよくありませんか?

これね、1つ書き方を変えれば「反応が取れる記事の書き方にギュインと変化していきます」

試しにつかってみてください。


人気ブログランキング

結論を言えば、ダラダラと長い文章より「短い記事が良いです」

そして、「伝える」ことを書き残しておかなければ、読んでいる側もわからない

なので、メッセージを必ずいれることです。

例えば

初心者がやってしまいがちな「アフィリエイトは継続することです」

あなたも、このような記事を残したことはあるとおもいます。

しかし、実はこういう文章を残す前に知っておかなければならい

本当に重要なことがあるんです。

それは、あなたが書いた記事にはメッセージがないということ。

これは主張にはなりませんし、ただ確認しただけであって
本当は書いているあなたも、そして読んでいる側もたのしくはないです。

だから、反応が取れない記事になるのかもしれません。

例えば

これならどうでしょう・・・

「アフィリエイト作業を継続するためには、
毎日の作業記録をつけてる(ブログにでも)
自分の作業内容を確認することが重要です。」

□これは間違いなくメッセージ

作業を継続するための解決案を提案しているからです。
情報発信では、あなたの「主張」を書かなければならないで

当たり前のことを確認するだけでは、
ブログ訪問者は退屈するだけなのです。

逆に言えば、
しっかりとした「メッセージ」を用意すれば、
ブログ読者は、反応せずにはいられないとおもいますよ。

ですから、まずは、
あなたの記事で伝えたい「メッセージ」をしっかり考えてみます。

これを意識するだけで、
あなたの記事の反応率は格段にアップしますし、
主張が出来ているブログになって反応がしっかりと取れていきます。

刺さる記事なのか?それともタダ長いだけなのかでいいのか?

刺さる記事って考えてみると、本当は少しむずかしいとおもいます。
でもですよ、わたしが、あなたの胸の中に手首まで入れてグチャグチャとするくらい

の突き刺さる記事を書かないと伝わるものも伝わらないのです。

ひとつの記事でタダ長いだけでは、なにも響かないってことです。

記事の中でもね、今これを使っているんですが
「ここがどうしても分からなかった・・・」

でも、こうしたら上手くいって次のステップにいくことができた!!

となれば、読んでいる側には伝わりますしメッセージにもなります。

刺さったり、解決したり、解決させてあげる記事
これが主張している記事になります。

主張ができて反応が取れるブログのコツ

とにかく、今書いたことをアレンジをして3記事突破してください。

まずはクセをつけてパンチのある文章をグリグリと起こしていくイメージですね!

そして、はっきりと言い切ってください。

・△△△だ!

・●●です!

・□□□にする!

勢いがあって、胸に腕をいれて「こうすんだ!」「こうしていけ!」
伝えたい、そしてあなたのメッセージが誰に伝わっていくのか
試しながら書いていってくださいね。

___________________________________________________

きょうの記事はどうでしたか?

「あああ、よかった!」と感じたら

画像をクリックして応援してください!


社会・経済ランキング

それでは!

onoryoichi

スポンサーリンク

「ブロ活しています。」このブログはロリポップレンタルサーバーで運営しています。これから自分のメディアを持つには安さで選んでも間違いないです。私は3年目に入りました。


フォローする