「和室 壁 シミ」塗り直しの下地材料なに使う件について

今日はですね2年ぶりになると想うのですがお寿司屋さんから電話📱があって壁の塗り直しについてお願いされましたのであなたでも使える最適な下地材料を書き残しています!

 

 

2022年9月15日(木)おののブログスタートするぜぇ~~

 

結論から言えば「ベストアンダーを使えば最適!」

・ ビニールクロスの処理も可能
・ 水で練るだけの一材型
・ アク・シミ止めの機能がある
・ 珪藻土配合で、仕上材の調湿性をサポートできる。

・用途
・ 石膏ボード
・合板・モルタル
・コンクリート
・中塗土
・石膏プラスター
・古壁
・ビニールクロスの上に壁材を塗る際の下塗り材として使用できる。
・ 中塗土のひび割れ、チリのすき間に施工できる

 

自宅で気になった壁に下地処理DIYでも可能な材料になります。

 

ps

最後になってしまいましたけど2年前に寿司屋の親方からお願いされた案件だったのです。

お客さんが聚楽壁にお酒をかけてしまっての塗り直し。

正直、仕事のはなしですけど久しぶりなのでちょっぴり照れましたね。

コロナがあっていろいろなことストップ状態とされましたので私としても連絡はいれずにいました。

まずは確認がてら顔だしてけいそう聚楽の段取りと致します。

 

pps

昔は壁塗り替えは壁はがして現場はホコリぽくちらり放題だったなと。今では古壁でも合板でもクロス壁でも塗りつけができて下地作れるようになりました!

これは良いことですし現場汚れませんね✨

 

今夜はこの辺とします!ryoichiでした~🌠

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました