週末記「リモートワークならぬリモート相談会に参加した話」

スポンサーリンク
週末記

こんにちは、ryoichiです。

小さいながらの事業でも仕事は仕事です、この先を見据えて画面越しでの前向きな話をさせてもらった一週間でした。

週末記「リモートワークならぬリモート相談会に参加した話」

 

個人で事業をして5年目に入りそろそろ何かを変えなければと今年は動きかたを変えていました。住宅施工を4年間ほぼ1人で動いていて率直に無理だ!と言うことに気がつきました(遅かったでしょうか)

まあ

仕事の頂きかたが悪いと請求も少額なので1人で仕事をしなければならないことにもなるので私が馬鹿と言うことになりますけど、手伝ってくれる方がいれば心に余裕もでてくるのか今はまだ確定している人もいませんので探しながら進まなければいけないのが現状。

息子が一緒に仕事をしてくれれば!
でも、今、そのような時代でもなく我が道を行くのも人生。

 

少し話がそれてしまいましたけどリモート相談会で言われたことは材料支給での現場を何十年仕事をしても苦しい、意味がないという答え。

週末記「リモートワークならぬリモート相談会に参加した話」最後に

これ、私も四年間ずっと知っていました。

まあね、大体言われることもわかっていましたけど
自分の足りないことをリモートでズバッと話してもらえるのは心にしみました。

個人事業主で5年目、まだ続けていかなければいけないので一人にならずに様々な人に会いに行く行動もしていこうと考えています。

 

また書きますね、それでは。

タイトルとURLをコピーしました