個人事業主だけどホームページはなくてもいいか?問題について

まず、「あなたが個人事業主でホームーページだとかブログもSNSもなにもない」

状態では、あなたのこと知っているひとの数は地域もしくは仕事上の付き合いが多いかたのみにかぎられます。

この人はどんな仕事をして個人で事業をしているの?

って思われることもありますので、積極的に情報を発信をしてみることがいいですね。

わたしも個人事業主ですが、ホームーページ型ではなく、こうしてブログ型として日々更新をしています

自分で仕事をしているから「仕事をください」という発信はしていないんです。

なぜなら、どうせ何かを発するならその業界のコンテンツで失敗したことや、

こんなことをすれば上手くいった!の情報をかきのこしておくと

役に立ついわゆる誰かの為の記事として永遠とのこり続けるからです。

これって損をしているとおもいますか?

このようなことを書いていけるのであれば

個人事業主でもホームページをもっている意味がありますし

つづけることが出来なければ最初からやらないほうがいいです。

ホームページは何のためにつくるの?個人事業の売り上げを伸ばしたいからなの?

わたしも今現在、ブログ運営を1年2ヶ月目にとつにゅうする段階ですが

仕事以外のことばかりブログにはつづっています。

「ホームページとは、売り上げを伸ばしたいから」ではなく

自分のことを知ってもらえることの方がいいのではないのか?

ということにたどり着いています。

なので、ホームページやブログで本業のことを

大々的に書いたとしてもほぼほぼ売り上げには結びつかないと

わたしは考えますし、たとえば仕事が入ってきても

対処ができない方が多いとも考えられるからです。

だから、自分のことをホームページにブログ形式で

のこしていくと良いですし知ってもらえることで

おなじ業種の方々がよみに来てくれるページにすれば

役立つサイトになります。

ps

あなたが個人事業主でも、自分のことを書いていけないのであれば

ホームページは何の意味もないです。

pps

私がブログをつくったときの順番をかきのこしています

参考にしてみたください。

ワードプレス個人メディアのつくりかた。

きょうの記事が役に立ちましたらクリックをおねがいいたします。