中学校春季大会バスケットボール。「泣いてもいい乗り越えろ!」


人気ブログランキング

春、あたらしくあり忙しい時期でもあります。

我が家も、三女が続けているバスケットボールの
春季大会が近づいています。

きのう、組み合わせも決まったのですが
やはり厳しい戦いになるのかなと。

いま新しい監督も元6月までの短い期間のなかで
走りながらボールを追いかけている姿を
見れなくなるさみしさが段々と親の心にも
芽生えてきました。

春になり、体育館の温度もあがっていて
つかれた顔で帰ってくるときがみえたりします、

こんなとき、いつも声をかけて

「きょうのバスケはどうだった?」

と聞くようにしているんです。
そうするとバスケの練習を思い出しながら
教えてくれるんですが、これ一つ言うことで
娘のストレスを少しでも解消してあがることが
できているんだなと。

もう少しでこのような会話もなくなる寂しさも
あるんですが、親としても一瞬一瞬を思い出として
残していかなければならないと、最近思い始めています。

小学校4年生から今までのバスケットボール生活でしたが
試合の結果はどっちにもころがりますので、しかたのないこと。

でも、チームでナイスプレーがうまれたときは
みんなで喜び、大きな声をだして盛り上げてくれれば
いいなと、今はそれだけですね!

時間がなく、緊張もするとおもいますが
でも今までやってきたことは力になっているんです。

最後、弱気になることも予測できますので
そんな時はこのスパイスを掛けてあげようかなと・・・

「泣いてもいい乗り越えろ!」

それでは


人気ブログランキング