関東大雪で困る食材確保、東日本大震災を思い出しました。


人気ブログランキング

関東の大雪も峠を越えましたね
きょうの秋田県県南は豪雪がもどってきました。

大雪の支障と食材確保

さて、関東の大雪で支障がでるのは
通勤だけではありませんでしたね

・コンビニの商品がなくなる
・牛丼屋さんでも商品を提供できない

情報が毎日発信されているなかで
大雪にだけ反応していると、食生活のことも
忘れてしまうことが見えていました。

東日本大震災が起きてからの生活をしっているから

余計にただ事ではない気持ちでした
あのとき、東北には食料が届きませんでした。
スーパーにはほとんど商品がない状態で
何を食べていけばいいのか途方にくれる
日々もありました。

これも教訓なんですが、メディアの情報というのは
ひとつのことしか伝えてくれません。

あらゆることを想定し予測をしなければならない
と考えさせられます。

もし関東に震災がおこったら

「災難も重なるときは重なる」
これだけは知っておかなければなりません。

たとえば、「関東で大雪の日に大震災が起きたら・・・」

きのうも高速道路に大型車が動けなくなって
立ち往生している映像が放送されていましたが
これ一つで食品が届かないことはあります。

なので、
・衣食住のこと
・ライフライン
・安否の確認
をしておかなければならないです。

震災後の生活体験談、これが必要でした・・・

・電気が停まるのが怖かったです
・そして灯油ストーブも使えない

本当に助かったのが

・コンロ
・土鍋

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

まず、これがあれば
何とかなりました。

*関連記事*

鍋をカンタンに積み重ねる方法。土鍋を買うには大きいほうが良い!

蓄電池家庭用は節電省エネになる。停電時とキャンプに発電が助かります。

発電機や蓄電池、この2つがあるのとないのでは
かなり生活が変わりました。

しかし、震災があった場合は
家にいることが少なく非難する
ことが十分に考えられます。

自宅で、2,3日停電が起きたときは
・ガス調理器具
・蓄電池
・発電機
を持っていれば助かったなと・・・

あの東日本大震災のときは
・食料
・ガソリン
も届かなくて大変でした。

関東大雪で困るの食材確保、東日本大震災を思い出しました。(まとめ)

関東の大雪についての記事でしたが
昨日の噴火のニュースもそうですが
何がいきなり始まるかの予測はできません。

食料
ガス器具
土鍋
蓄電池
発電機
は、揃えていた方が助かる
と言うことです。

とにかく準備がたいせつですし
いざとなれば物がないと不安ですからね

ブログランキング参加しています!
きょうの記事が役に立ったら
おしてもらえれば助かります。


人気ブログランキング

クリックしてもらうと
ランキングが上がる仕組みになっています!

小野良一

*追記、2018年1月25日(木)

この記事をかいて一時間後、東北地方北海道に
地震が起きました。

本当に準備というのは後回しになりがち
ですが、すこしづつ進めたいですね!

それでは

*当ブログ人気記事、
個人ブランドメディアの未来は近くなってきました。