土間コンクリート鏝の使い方。やわらかいコテの使い方。

*この記事は、2017年12月21日に更新しています。


人気ブログランキング

 

 

こんなTシャツ売ってたりするんですね。。
俺は着る勇気あるよーって方は是非クリックしてみてください。

土間コンクリート仕上げをするとき
表面がパラパラになるのは「やわらかいコテを使っているからです」
楽にコンクリートが仕上がりますし綺麗ではありますが、
土間は硬い鏝で押さえれば表面の仕上がりが良いです。

 

土間コテ、薄いステンレス鏝は砂を起してしまう。

硬い押さえコテとステンレスでは仕上げは極端にちがいがでます。

まずは、ステンレスからなんですがこの鏝は薄いので力をいれて
仕上げをすればコンクリートにはいっている
「骨材が表面上に出てきます」
なのでコテの傾きしだいでも変わってきますが
綺麗に仕上げようとするあげくに骨材まで出してしまいがちですので注意が必要です。

つぎに

硬い土間ゴテは、押さをしながらコンクリートの表面を仕上げますので
「砂を隠しながらノロ押さえができるのです」

 

やわらかい鏝は土間工事ではなく壁材料仕上げに向いている

私の経験上、柔らかい鏝は室内向きにつくられた左官道具ではないのかと思います。

昔からある「ジュラク仕上げ」は薄手のステンレスで簡単に仕上がります。
だだし下地次第なんですが手間をかけた分仕上がりがきれいですからね。

アローライン ステンレス 仕上鏝 0.3mm 180mm

 

・じゅらく壁、塗りつけ仕上げ講座

じゅらくと言う壁の塗り方は押さえることしません。
やわらかい段階で仕上げをして壁材にはいっている
骨材を浮き上がらせる仕上げ方法になります。

一回目の塗りつけがもっとも重要です。
下地(あんこ)を出る塗り方だと2回目のしあげのときに苦労します。

しごきといっても力をいれて絞り塗りをしないことです。

そして

2回目のしあげ塗りは、1回目の材料が乾ききるまえに塗り始めなければならないので
注意をしながらしあげにうつります。

塗りつけが終わったらしあげをしますが、材料を多く塗れば垂れてきますので確認をすることです。
その後、ステンレスのコテを使って仕上げをしていきます。

これですね

アローライン ステンレス 角鏝 (巾広)0.5mm 210mm

ちり押さえはこちらです

アローライン ステンレス 仕上鏝 0.3mm 180mm

やわらかい段階での仕上げは鏝波が気になりますが、じゅらくの場合は同化します。
問題は最後の逃げになるんですが、ここを隠せないと左官職人ではない。
と言いたいところですが、もしも目立つようであれば家庭用ドライヤーを現場に持って行けばいいですね!

少し離れた位置から風を送ると同化しますので是非ためしたみてください。

 

土間コンクリート鏝の使い方。やわらかいコテの使い方。(まとめ)

コンクリート仕上げは光沢ではなく押さえることです。

力をいれてコテをしならせてもパラパラになるだけですし、それは技術にはなりません。硬いこてを使って仕上げをしてみることですね。

 

内装壁、じゅらくもそうですが、1回目の材料が生乾きの段階で2回目にはいります。逃げができないときは必殺ドライヤーをつかってみてください。

 

*関連記事です。当ブログで読まれすぎている記事になります!

新築オール電化住宅玄関タイル工事での失敗はこれなんです!

コンクリートにタイル下地をつくる時のコツはペースト

土間モルタル30ミリ以上の1発仕上げ方法とスエルゲンの使い方

 

東京西勘 アメリカ鏝 330mm
by カエレバ

 

 

 

ブログランキング参加しています!
画像をおしてもらうとランキングがあがる
仕組みになっています。


人気ブログランキング

onoryoichiでした!しぇばな~

 

書いた記事のアクセスがないのがブログの正しい書き方でした。

 

ブログの正しい書き方で、今日の記事を書いているのなら日記ブログです。ですが、その記事を読ませたい時期にあわせて書いているのならブログにアクセスがないのは当たり前なのです。これからのブログ運営とは先読みをして投稿してみることでロングランにつながります。

 


人気ブログランキング

 

 

ブログって今日の出来事をかいていれば長くは続かない

毎日のことを書いても長続きしません。ブログ記事とは2~3ヶ月先のはなしを書いていればいいのです。9月のはじめにおせち料理の記事をかいてみたんですが少しずつ少しずつ、1ヶ月でのアクセスは毎日コンスタントに上がる一方になっています。

で、すこしだけ例を出してみれば、「おせちの早割り」という記事なんですね!おせちなんか作ってられない人が読んでくださっているみたいです。

 

こんなのね↓

【匠本舗】どんどん売れる<料亭おせち>

このブログからも結構購入してもらっていて、12月30日には自宅に届くので便利ですし有名料理人がつくるおせちって魅力あるわけなんです。

 

と、こんな感じですがどうでしょう。ブログは季節を追って書いていけば止まる事もないです。アクセスだけがブログではないので訪問者さんが検索をしてくるようなことを先読みして書いてみたいですね。

 

アクセスを上がるブログはカテゴリーを充実せよ!

カテゴリーは9個でまちがいないです。

このくらいは準備しておかないとブログを書き続けることは不可能なんです。ブログって曜日によって書く内容を変えていけばいいと私は思いますし、きょうは水曜日なのでこのテーマで書こうって気持ちになるますからね!

それと、

ブログカテゴリーはブログのなかの小さなブログたちなので忘れないで育ててあげてください。これを充実させれば単独のミニサイトになるわけですから気は抜けないとおもっています。

 

職業カテゴリーが伸びているんです

私の本業は左官業。

はじめはこの話ばかり書いていたんですが、このネタでブログがもっているからふしぎなんです。やっぱりブログっておなじ方向にむかっている人が訪問してくれて、わからなかったことを知る場所にもなりますからね。

あなたの仕事のことをおもいっきりぶつけるのもブログのたのしさかもしれません。

書いた記事のアクセスがないのがブログの正しい書き方でした。(まとめ)

今書いている記事はアクセスを気にすることはないですね。

書くときに永遠と検索されることを思いながら続けることだと私は思います。そしてロングランブログをつくっていければ、アクセスは増え続けると考えます。


人気ブログランキング

onoryoichi