案内・お問い合わせ

秋田県、一戸建て左官タイル工事をしています小野です。


人気ブログランキング

私が現場の施工をしてみて、こんな新築住宅はいいね!
を紹介しています。

*この新築住宅は、秋田県増田FPの家・株式会社三浦建築設計さんです。

玄関タイルおすすめ「とうかすり」

このお宅の玄関タイル「とうかすり#4」を使っています。

4色のランダムになっていているのですが、見た目がスマートですよね。

住宅基礎保護材、基礎補修カチオンとフューチャーコートベース材

はじめに、基礎表面の凹凸をなめらかにしから「カチオン」をつかい補修をし
全面補修作業をします。

 

これから紹介をします基礎コンクリートを守るコート材です。

今も、基礎モルタル仕上げはありますが私はおすすめしていません。
なぜなら、ひび割れ等の問題があり新築住宅を建てる施主さまのためには
ならないと感じているからです。

この基礎用フューチャーコートは、樹脂モルタルをベースにし
トップコートにより仕上げをしていくことにより

・亀裂
・クラック

がなく見た目の仕上がりが上品です。
たとえば、基礎周辺が「砕石」などの外溝の場合
泥などがこびれついても水洗いだけで汚れがカンタンに落ちます。

 

それでは、どんな材料なのかを見てみましょう。

*この商品は、福島県(株)エイブルさんの材料を使用しています。

箱、ゴツイですね!
この中に2つの物体がはいっています。

粉体部!

液部!!
この2つを、バケツにいれてこのような攪拌機でまぜていきます。

動画はありませんが、イメージしてください^^

攪拌がおわってから、このような容器に移して作業にはいります。

ベース材ですので、はじめは骨材ローラーで塗りつけていきます。

コツとしては、ムラをなくし下から上にローラーを転がしたら離した方がよかったです。上から下へ転がした場合は模様がはっきりと出なくなります。

ベース材を基礎全面にネタ配りをしたら渇き具合をみて
トップフラットしあげの準備に取り掛かります。

仕上げは材はそのまま使います

またベース材で使用したおなじ物をつかいますが、仕上げのローラーは
白い方をつかっていきます。

これが、フューチャーコートしあがり状態です。

これから先のコンクリート保護には適しています。

カラーバリエーション「基礎用」

「外溝用」

ジョリパットで内外装塗装吹きつけリフォーム、ローラー仕上げ

 

こちらは、外壁塗り替えリフォームと内装でもつかことができちゃいます!

 

・一戸建て左官タイル施工
・基礎樹脂モルタルフューチャーコート塗装工事
・内外部ジョリパット工事
・コンクリート床、壁、
・防水塗装工事

・左官・タイル・防水・コンクリート塗装の相談は
メールでの連絡がスムーズです

 

最後になりますが、わたしの詳しいプロフィールになります。