BLO活しているonoryoichi.com!

40代からのブログ活動方法。web関連・個人事業・生活・お役立ち情報を発信しています!2017年11月いよいよ無料メルマガスタートです。

ブログのクリック率が跳ね上がって興奮した日!こんなことが。。

time 2017/09/24

ブログのクリック率が跳ね上がって興奮した日!こんなことが。。

この記事は、2017年11月4日に更新しています。

クリックされないブログは、記事編集をすれば一気にクリック率が上がります。私が1晩で50以上のクリックされた方法は、すべての記事下にお問い合わせフォームを設置し、ひとことコメントをいれただけの編集だけでした。

 

こんな感じで置いてみただけです。

 


ブログライターランキング

 

編集から更新の作業でブログ記事が蘇り、また読まれていることがわかりました。

ブログをはじめて2ヶ月と14日目。記事数にして76記事です。

 

きのうのお昼に1時間ほどかけて、何でも答える質問コーナーというコメントとお問い合わせ欄の設置をしただけなんです。

 

*グーグルさんがいっていたことを思い出して行動しただけなんですね。という私はまだグーグルさんに認めてもらっていない人なので、すこしづつ気にいってもらえることをしようと、ただそれだけでした。(でもリンクが多いので認めてもらえないと思いますが、どうなんでしょうね)

 

ブログは記事が多くなっても読まれる記事と読まれない記事がハッキリしてきますよね、どちらもなんですが記事と言うのは毎日まいにち埋もれていくんです。

 

と、ある記事には、書いた記事を3ヶ月から半年は寝かせてみると書いてありましたが、私の場合は2ヶ月と14日目で編集したかたちです。良い悪いではなく人気のない記事は早めにリメイクをするなどをして動かしたほうが良いという結果になりました。

 

アクセスのない記事タイトルを編集したら3倍変わりました

 

とにかくですが、人気がない記事がある場合はタイトルに並べた文字が良くないので編集したほうがいいです。それとキーワードを2つは入れたいです。数字をいれることによりインパクトをあたえることも忘れないでください。

 

先ほども書きましたが、このブログは76記事なんですがアクセスがあるっていうのが10記事ほどなんです。(ね、低いでしょ)で、そのなかでもズバ抜けて人気なのが本業の左官をことを書いた記事なんです。

これですね

バサモルタルでの失敗は調合と水だけではない。もう1つのこと

この記事で今のところ270アクセス。1位なのでタイトルを変える必要もないですし編集をするとしたら記事内容のボリュームを多くする方向だとおもっています。専門的な記事ですので建築関係・設計士さん・左官タイル業者さんにはオススメ記事ですね。

 

クリックをしてもらえるブログをつくる方法

あなたがブログをはじめて1ヶ月目でしたら毎日1記事を書いてみることです。

書くことがなくなってくる日もありますが500文字はのこしてみることが大事なんですね、とにかく何でも書いてみて50記事を書き上げたころから編集に移っていけばいいですし、そこからのリライトすることは本当にらくに記事を書いていけるんです。

もう500文字書けば、1000文字ですからね!

そして、追記記事をプラスしていく記事って評価が爆発的にいいですので、思い出しついでに『追記』と本文にいれてボリューミーに仕上げていくのもブログを育てる醍醐味です。

 

クリック率1桁のブログを1晩で50以上に伸ばした方法(まとめ)

全記事に、ひとことメッセージとお問い合わせフォームを設置。記事に貼り付けたリンクをクリックしてもらいました。

毎日のクリック数が1桁でしたので、50という数字は以上的でした。

20文字を増やしただけでブログがよみがえることを知った一日になったのは間違いなかったので、これからも新記事の更新につとめていこうとおもいました。

人気がない記事でも、あなたが行動をおこすと人気ブログになりますしリンクを踏んでもらう喜びってブログを書いているからなんですよね!まだまだ私も書き続けます。

*わたしが主に使っているリンクはエーハチネットさんになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうごさいました!

ご質問などありましたら、こちらよりお願いいたします。どんなことでも答えていますのでお気軽に!

 

onoryoichi

 

down

コメントする

運営者情報

onoryoichi

onoryoichi

こんにちは、onoryoichiです。 秋田県在住。生活のなかにブログを取りいれてみるとおもしろいことになることが分かってきました! お役にたつ情報がかならず見つかります。 くわしいプロフィールはこちらです→ [詳細]

最近のコメント