BLO活しているonoryoichi.com!

40代からのブログ活動方法。web関連・個人事業・生活・お役立ち情報を発信しています!2017年11月いよいよ無料メルマガスタートです。

レスピレーションで鼻のムズムズ対策!鼻水がとまらない人へ

time 2017/09/23

レスピレーションで鼻のムズムズ対策!鼻水がとまらない人へ

*この記事は、2017年11月17日に更新しています。

 

季節の変わりめは、鼻のムズムズがとまらないonoryoichiです。

 

レスピレーションとは「深呼吸」といいう意味なんですが、すこし肌寒くなってくれば「くしゃみが止まらなくなってしまう」症状になって、そこから鼻水がとまらなくなってしまうんです。

朝から、この状態になれば1日ティッシュを持ち歩いていて仕事をしているのか、仕事場に鼻をかみにいっているのかわからない時もあったりです。鼻炎なのか、それともアレルギーなのかさっぱり分からないですが、春と秋はつらい季節になっています。

季節の変わり目に、爽快感を得たい時におすすめ

黄砂・PM2.5でマスクを着用する方が増えそうですね

黄砂、豆知識

黄砂は、粒子が非常に細かく肺の奥まで到達します。

傷つけられた肺組織から血液のなかに流入して全身をめぐり、臓器もすこしずつ痛めていきます。10年ほど前から、こういった情報が報道されるようになり被害は深刻でつぎの病気に注意したいです。

・肺部感染

・心筋梗塞

・高血圧

・脳卒中

なども増えているそうです。

マスク対策

マスクは選びきれないほどありますが、レスピレーションはマスクの外側にシュッと1吹きでいいですね。悩みの鼻のムズムズがらくになります。


花粉症鼻にはアロマ。鼻呼吸はどちらか一方しか呼吸しない。

私は花粉症の症状がでるときは、ほとんどが鼻水がダラダラですが鼻づまりに悩んでいる方もそれ以上多いことがわかりました。

うん。どっちにしろ辛いんです。鼻呼吸ができないと「口呼吸」になってしまうのでストレスになります。

それと、鼻呼吸といえば鼻はどちらか片方しかで呼吸ができないことも明らかになっていたりで、その一方がつまってしまったら大変ですしね。アロマで花粉症対策をして日々生活したいです。

インフルエンザの予防って注射だけなの?

これは、もうモチベーションと生活習慣しかないと私は思うのですが、そうですよね。

しっかり食べて、いつも通りの睡眠です。それでもインフルエンザになってしまいそうなときは常備マスクははなされませんしね、こればかりま難しい問題です。

 

レスピレーションで鼻のムズムズ対策!鼻水がとまらない人へ(まとめ)

レスピレーションはマスクの外側から一吹きすればいいです。市販のマスクでもありますが、効き目がないとお困りの方はおすすめです。

ps

私の春と秋の鼻ムズムズ対策。

とにかく部屋の窓を100%閉めて寝ます。春秋ってエアコン使うほどでもないですし朝方はとにかく冷えますので寝ているあいだに鼻がジュルジュルになっているとおもいます。

ですので、すこし暑い夜でも上着だけは長シャツを着て寝るようにしています。

それでもダメならハーブスプレーで爽やかな一日にしてみるのもいいですね。

 

 

・人気なセレクション!当ブログ身体の悩み部門ベスト3です。

うつ病の再発は冬に起きる。部屋が暗くなると心が沈む。そして体験談

鼻毛脱毛。エチケットカッターを店で買って度胸試しした話

いびきがうるさかったんです。夫婦の夜事情をレスります

 

 

こちらもよろしくお願いいたします。


ブログライターランキング

ありがとうございました。

onoryoichi

down

コメントする

運営者情報

onoryoichi

onoryoichi

こんにちは、onoryoichiです。 秋田県在住。生活のなかにブログを取りいれてみるとおもしろいことになることが分かってきました! お役にたつ情報がかならず見つかります。 くわしいプロフィールはこちらです→ [詳細]

最近のコメント